愛犬キャバリア陸の日記♪

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラリア感染

2005-06-09 (Thu) 23:27[ 編集 ]
今日は病院が激混み^^;
次から次へと患者さんがやってきました。
その中に今日、避妊手術予定の子がいて
術前の血液検査をすると、肝臓の数値が高くて
延期になったのですが、それよりも、
フィラリアの血検の結果がとんでもないことに・・・!
なんとソロステップ、陽性だったのです。。
血液を顕微鏡で見ると、ミクロフィラリアが、うじゃじゃ。

その仔は、9月生まれで今、生後9ヵ月。
運の悪いことに、フィラリアに感染していたのです。。
うちの病院で、検査をした子で、陽性反応が出た仔は
何匹か見つかっています。
その中には、症状が重くて、突然死した仔もいたそう。

2003年に日本犬糸状虫症研究会が調査をし
全国のフィラリア感染犬頭数をまとめています→こちら

予防をすれば、100%防げる病気ですが
こんなにもたくさんのワンが、感染しているのも事実。
大切な家族の為にも、必ずフィラリアのお薬は
飲ませてあげて欲しいです。

CIMG62531.jpg
「僕ちんは月初めに飲んでましゅよ~♪」
    

コメント

症状が重くて突然死。。。防げなかったのでしょうか?
むつみさんも見てて辛い時もあるでしょうね~(涙)
こちらのBLOGは為になりますぅ!
有り難う♪また色々教えてくださいね~☆

花音さんへ♪

花音さん、こんばんわ!
その仔はかなり症状が重い状態で、うちの病院へ来たみたいです。
まだむつみが働いていない時のことなので
あまり詳しいことは知らないんです(汗)

フィラリア症は、はじめは何も症状が出ないので
飼い主さんも気付かないことが多いです。
フィラリアは他の寄生虫と同じように
簡単に駆虫出来ないので
(血管系にいるので、ショックを起こす危険性が高くって)
治療法としては、手術、予防薬を16ヶ月投与、保存療法、
フィラリア成長駆除剤投与、と色々方法がありますが
緊急手術によって、フィラリアを除去できたとしても
回復するのは症状によって、さまざまだそうです。
フィラリア成長駆除剤は、危険性が高いので、
昨日のフィラリアに感染していた仔には
飼い主さんと相談して、予防薬を投与していく治療法になりました。

ほんと、フィラリアは怖い病気です。。
って為になってますか?
そうだとすごく嬉しいんですが
日記が暗くなっちゃってますよね^^;
ごめんなさい~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ckcs.blog10.fc2.com/tb.php/35-ae644778

 | HOME | 


名前:陸 (りく)
キャバリア・KC・スパニエル
ブラック&タン
2004年6月24日生まれ
体重:6.8kg (12月10日現在)

「r*na」(石鹸ブログ)
「りくりく日記アルバム」













RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。